このこのごはん,原材料,成分,カロリー

【このこのごはん】の原材料・成分・カロリーに危険物質が・・・えっ

このこのごはん原材料・成分・カロリー

このこのごはん】の原材料に危険な物質が入っていたりしますか?
成分カロリーは安全なの?
こんな質問を頂きました。
管理人
管理人

そこで、今回は【このこのごはん】の原材料に危険な物質が入っていないか?
また、成分・カロリーは安全なのか?確認して行きましょう。

【このこのごはん】の原材料・成分・カロリーを確認

このこのごはん原材料

このこのごはん原材料
【このこのごはん】の原材料は以下表の通りです。

原材料
このこの
ごはん
鶏肉(ささみ、レバー)大麦、玄米、ビール酵母、鰹節、米油、乾燥卵黄、鹿肉、まぐろ、青パパイヤ末、モリンガ、サツマイモ、わかめ、乳酸菌、昆布、ミネラル類(牛骨カルシウム、卵殻カルシウム、塩化ナトリウム、塩化カリウム、グルコン酸亜鉛、ピロリン酸第二鉄、グルコン酸銅)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンB2、パントテン酸カルシウム、ビタミンB12、ビタミンD、ビタミンE)

主原料となる肉類は全て国内で生産・水揚げされた新鮮な食材を贅沢に使用しています。
モリンガ、青パパイヤなど熱帯地域の食材やビタミン以外は全て国産の食材を使用しています。

  • 鶏ささみ:九州産
  • 鶏レバー:九州産
  • 鹿肉:北海道産
  • マグロ肉:静岡県産
鶏肉の「ササミとレバー」は部位が特定されている人間用の食材。一般的にドッグフードの鶏肉は量を確保するため、頭から尾まで全てを使うのに、【このこのごはん】は栄養価の高いササミとレバーだけを使用する「贅沢仕様」なのです。
リン
リン

贅沢すぎる~!
どうりで値段がちょっと高いわけだわ♪

このこのごはんの詳細を公式サイトで確認してみる

 

【このこのごはん】は危険な肉副産物、粗悪な穀物の副産物、人工添加物(保存料・香料・調味料)など全て含んでおりません。

全ての原材料は人間が食べられる食材である「ヒューマングレード」なのです。

このこのごはん工場

生産は国内のGMP認定工場です。
更に農薬や化学肥料を使用していない証である「有機JAS認証」を取得しています。

原材料、産地、そして生産工場、すべてが高品質の食材・品質で作られていますので、危険性は全く無く安全性も非常に高いと言えます。

【このこのごはん】の成分・カロリーを確認

このこのごはんの保証成分・カロリーは以下表の通りです。

このこのごはん
粗たんぱく質 21.5%
粗脂質 7.5%
粗繊維 1.0%
灰分 5.5%
水分 10.0%
カロリー 342kcal

特に分析値の数値に詳しくなくても、この成分・カロリーは「ペットフード構成取引協議会」の定める基準【総合栄養食】を全てクリアしています。

そのため、栄養のバランスに優れ【このこのごはん】と水だけで健康を維持できることを証明しています。

つまり、心配される不安な要素は全く無いことが分かります。

【このこのごはん】の賞味期限について

このこのごはん【このこのごはん】には発がん性などが指摘される危険な人工保存料を使用しておりません。

しかし、長期の品質を保つパッケージを使用して未開封なら1年の賞味期限を持っています。

このパッケージはアルミを使用しており、酸素や日光を遮断する最も強力な素材です。

また【このこのごはん】にはビタミンEを配合しており、この効果で開封後でも1か月の賞味期限を持ちます。

【このこのごはん】の原材料・成分・カロリーまとめ

このこのごはんダックス【このこのごはん】の原材料・成分・カロリーを再確認しましたが、問題となる部分は一切なく、安全性の高いドッグフードであることが分かりました。

もし、あなたが原材料・成分・カロリーを心配されていましたら、これで安心して愛犬に与えられると思います。

管理人
管理人

愛犬の健康のために急いだほうが良さそうですよ。

リン
リン

粗悪なドッグフードが愛犬の寿命を縮めていく…。

このこのごはんの詳細を公式サイトで確認してみる

 

このこのごはんを検討中なら「このこのごはんの口コミ・お試し」を確認しておくと安心です。

 

error: Content is protected !!