涙やけしない,ドッグフード,このこのごはん

涙やけしないドッグフード【このこのごはん】はモリンガ効果と低脂質

涙やけしないドッグフードってありますか?

涙やけに良いとPRしているドッグフードは多くあります。
しかし、涙やけために専用開発されたドッグフードは【このこのごはん】だけ。

なので、涙やけしない特性を持つ、最も優れているとドッグフードではないでしょうか。

管理人

今回は涙やけしないドッグフード【このこのごはん】を解説しましょう。

涙やけしないドッグフード【このこのごはん】とは?

【このこのごはん】は小型犬の悩みを改善するために専用に開発されたドッグフードです。

その改善される悩みとは、

  1. 涙やけ
  2. 毛艶
  3. 体臭

この中で最も飼い主さんが気になるのは「涙やけ」でしょう。
小型犬のかわいいお顔が涙やけで台無し!

せっかくの綺麗な被毛も、赤茶色に染まってしまうとどんなに綺麗にトリミングやお手入れをしても、見栄えが冴えません。

そんな小型犬の最大の悩み「涙やけしないドッグフード」をコンセプトに専用の成分配合、専用の食材をプラス!

現在、国内で販売されているドッグフードの中でも、涙やけ対策の頂点と言えるのが【このこのごはん】です。

涙やけの原因は

  • 先天的な物
  • 水分不足
  • 食事

主にこの3つと言われています。

これらの中で充分な水分を摂り、食事を改善するだけで涙やけしなくなる可能性は大いにあります。

食事の改善で涙やけを直接引き起こしている

  • 鼻涙管の詰まり
  • マイボーム線の詰まり

を解消して、過剰に流れる涙の量をコントロール出来るようにすることです。

涙やけしないドッグフード【このこのごはん】の機能

モリンガが鼻涙管とマイボーム線のつまりを直接作用

【このこのごはん】に特別配合される「モリンガ」。

モリンガは今、その効果が海外で注目され「スーパーフード」と呼ばれているインド原産の植物です。

インドやアフリカなどでは薬・美容・健康のために利用されてきました。

世界三大美女のクレオパトラがモリンガのオイルを肌に塗り、モリンガのお茶で健康と美しさを維持していたと言われています。

モリンガはビタミン、ミネラル、アミノ酸がバランスよく含まれており、炎症を抑え、血圧や血糖値を下げる効果があるとされています。

  • ビタミンAはほうれん草の13倍
  • ビタミンB2はマイワシの50倍
  • ビタミンEは卵の96倍
  • カルシウムは牛乳の20倍
  • 食物繊維はレタスの28倍
  • 鉄分はプルーンの82倍
  • GABAは玄米の30倍

桁違いの栄養なのです。

そして涙やけに効く「鼻涙管・マイボーム線」の詰まりを解消する効果があるのです。

その他「アレルギー性皮膚炎」「口臭・便臭」の改善にも効果が期待できるのです。

老廃物を排出する多彩な食材を採用

【このこのごはん】には以下の老廃物を便として排出する食材を多く含めています。

  • さつまいも
  • 乾燥卵黄
  • 乳酸菌
  • わかめ
  • 玄米
  • 昆布

これらの機能で毒素を排出することで、鼻涙管とマイボーム線のつまりを解消します。

豊富なたんぱく質の食材を積極的に採用

涙やけの原因に1つにたんぱく質不足が挙げられます。

ただし粗悪なたんぱく質の過剰摂取は返って涙やけを悪化させてしまう場合があります。

そのため原材料のたんぱく質の量だけでは判断できません。

質の良いたんぱく質を効率よく摂取する必要があるのです。

【このこのごはん】の主原料は良質なたんぱく質が豊富な肉類ばかりです。

肉種類ささみ鹿肉マグロ肉鶏レバー牛肉豚肉
カロリー105
kcal
110
kcal
106
kcal
111
kcal
371
kcal
386
kcal
タンパク質23g22.3g24g18.9g14.4g14.2g
脂質0.8g1.5g0.4g3.1g32.9g34.6g
カルシウム3mg4mg5mg19mg4mg3mg
鉄分0.2mg3.1mg2mg9mg1.5mg0.6mg
炭水
化物
0g0.5g0g0.6g0.2g0.1g

「このこのごはん」の主原料である「鶏ささみ・鶏レバー・鹿肉・マグロ肉」この4つの食材は豚肉や牛肉と比べて圧倒的にたんぱく質が豊富なのです。

しかも食材は全て人間が食べる食材と同じ超高品質な物だけを使用しています。

輸入肉は一切使用せず、全ての肉や野菜など贅沢に国産品を惜しみなく使用しています。

良質なたんぱく質を効率よく摂り込み「青パパイヤ」

涙やけの対策には、良質なたんぱく質を上手に体内に取り込まなければなりません。

【このこのごはん】に含まれる「青パパイヤ」はたんぱく質を強力に分解する酵素が含まれ、たんぱく質の消化吸収を倍増する役目を果たします。

つまり高たんぱくの食材をタダ食べるだけでなく、何倍にも吸収率を高めて体内に取り込みます。

そのため、良質なたんぱく質を無駄なく摂取することが出来るのです。

 

アレルギー物質を使用しない涙やけ対策

涙やけは食物アレルギーから併発して起きる場合も多くあります。

そのアレルギーになりやすい食物は

  • 小麦
  • トウモロコシ
  • 牛肉
  • 豚肉
  • 乳製品

そして最近多い人工添加物

  • 合成保存料
  • 合成酸化防止剤
  • 香料
  • 調味料
  • 着色料

【このこのごはん】はこれらを一切含んでいません

脂質の過剰摂取を極限まで低減

ドッグフードは風味を閉じ込めるためオイルコーティングしていることがほとんどです。

このオイルコーティングで脂質の過剰摂取となり、鼻涙管とマイボーム線のつまりを誘発します

メーカーによっては身体に良い「サーモンオイル」「ココナッツオイル」を使用することもありますが脂質の過剰摂取になりかねません。

【このこのごはん】は悪影響のあるオイルコーティングをしていません。

そのためAAFCOの栄養基準のギリギリまで低く抑えています。

高品質ドッグフードのモグワンと比較した表をご確認ください。

ヘルシーと言われるモグワンの脂質が12%に対して【このこのごはん】の脂質は7.5%と極限まで低く抑えています。

ブランドモグワン
ドッグフード
このこの
ごはん
粗タンパク質28%21.5%
粗脂質12%7.5%
粗繊維3%1.0%
灰分8%5.5%
水分8%10.0%
エネルギー344kcal342kcal

少し知識のある方は、こんなに脂質が低くては栄養不足と思われるでしょう。

そこは「このこのごはん」が考え抜いた栄養バランスと、先ほど説明した「たんぱく質・脂質」を強力に分解、吸収させる「効果的な酵素を持つ【青パパイヤ】」の配合によって、栄養は最適に体内に吸収され、脂質不足になることは一切ないのです。

涙やけしないドッグフード【このこのごはん】まとめ

いかがでしたでしょうか。

涙やけの改善に特化した専用ドッグフード【このこのごはん】がなぜ涙やけに良いのかが、充分にお分かりいただけたと思います。

ただし、涙やけの原因は食物だけではないので、【このこのごはん】で100%涙やけしないという保証はありません。

しかしながら、ここまで涙やけに特化して「涙やけしないドッグフード」を目指したフードは今現在、他にはありません。

なので、もし涙やけに悩まれていたなら【このこのごはん】を試してみると良いでしょう。

わたしの愛犬も【このこのごはん】でここまで改善しています。

このこのごはんの検討は、一度お試ししてみると安心です。
また、既に「このこのごはん」をお試しされたワンちゃんの口コミも、多数確認できるページを準備しています。
⇒ このこのごはん口コミお試しはこちら
error:Content is protected !!