このこのごはん,モグワン

このこのごはんVSモグワンは最新ドッグフード対決の決勝戦だった!

このこのごはん】と共にモグワンはただ今、人気絶頂のドッグフードです。

そのため【このこのごはん】にするかモグワンにするか、比較している飼い主さんも多いのではないでしょうか。

そこで今回は【このこのごはん】とモグワンを比較して違いや適合などを詳しく調査したいと思います。

管理人

同じプレミアムドッグフードでも生産地も特性も全く違う「このこのごはん」と「モグワン」!
比較するとどのような結果になるのでしょう。

リン

わたしは「このこのごはん・モグワン」両方とも食べたから、愛犬に合わせたアドバイスもOKだよ!

このこのごはんVSモグワンを比較!その違いは?

モグワンの特長と開発経緯

モグワンはドッグフード発祥の地「イギリス」の「カナガン」と日本の販売会社「レティシアン」が共同で開発したドッグフードです。

コンセプトは日本のワンちゃんの「食いつきの良さ」を追求

高品質な犬の餌にありがちな、栄養価が高く安心できるが、愛犬が食べない!
そんな両立を目指して作られ、2016年から販売された新しいドッグフードです。

そのコンセプトが「狭い住宅事情で散歩の距離も少ない」「小型・中型犬が中心」といった日本の犬の事情にピッタリ!

モグワンは、あっという間に日本の通販ドッグフードでナンバー1に輝きました。
モグワンの人気はうなぎのぼりで、テレビCMまで放送されています。

リン

モグワンのCMは朝のとくダネで放送されてますよ♪

このこのごはんの特長と開発経緯

このこのごはんは日本の小型犬専用に健康的で食いつきが良いドッグフードを目指し、3年の歳月を費やして開発されたドッグフードです。

その狙い通り好評なのは、98.5%の犬が毎日食べる味に仕上げたところです。

この「毎日食べる」という部分が意外と難しく、最初に食いつきが良くても直ぐに飽きてしまうのでは問題です。このこのごはんは飽きの来ない風味に仕上げたところも人気の要因です。

そして小型犬の3大悩みところの、

体臭・毛並み・涙やけ

これらをサポートする素材を配合が特長です。

SNSでも食いつきの良さ、体臭や毛並・涙やけの改善が多々投稿されて、ネガティブな意見がほとんどありません。

テレビで人気のタレント犬「チャチャ丸君」も愛用していると話題に!

このこのごはんとモグワンを原材料で比較

リン

一言でいうなら【このこのごはん】は和の懐石料理、モグワンはフレンチフルコースといった両方とも栄養たっぷりな高級フードです。

ブランド原材料
このこの
ごはん
鶏肉(ささみ、レバー)大麦、玄米、ビール酵母、鰹節、米油、乾燥卵黄、鹿肉、まぐろ、青パパイヤ末、モリンガ、サツマイモ、わかめ、乳酸菌、昆布、ミネラル類(牛骨カルシウム、卵殻カルシウム、塩化ナトリウム、塩化カリウム、グルコン酸亜鉛、ピロリン酸第二鉄、グルコン酸銅)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンB2、パントテン酸カルシウム、ビタミンB12、ビタミンD、ビタミンE)
モグワンチキン&サーモン53%(チキン生肉20%、生サーモン11%、乾燥チキン11%、乾燥サーモン7%、チキングレイビー2%、サーモンオイル2%)、サツマイモ、エンドウ豆、レンズ豆、ひよこ豆、ビール酵母、アルファルファ、ミネラル、ビタミン、ココナッツオイル、バナナ、リンゴ、海藻、クランベリー、カボチャ、カモミール、マリーゴールド、ダンデライオン、トマト、ジンジャー、アスパラガス、パパイヤ、グルコサミン、MSM&コンドロイチン、乳酸菌

モグワンの原材料

モグワンは高級な平飼いの生チキン&乾燥チキン、そしてサーモンを主原料にした動物性たんぱく質が50%以上と豊富で、低脂肪が特長です。

酸化防止剤など危険な人工添加物が不使用、穀物不使用のグレインフリー。

全ての原材料は人間が食べられるヒューマングレードです。

このこのごはんの原材料

「このこのごはん」は九州産の鶏肉(ささみ・レバー)をメインとして大麦・玄米、鰹節、鹿肉、マグロなど様々な食材から構成された自然素材が中心です。

香料・着色料・保存料・酸化防止剤を一切使わない人工添加物不使用。

全ての原材料は人間が食べられるヒューマングレードです。

このこのごはんとモグワンの原材料の違い

「このこのごはん」「モグワン」双方のドッグフード共に、人工添加物無添加、人間が食べられるヒューマングレードの素材を使用しています。

そして複数の肉類をメインとしながら、野菜や果物を含めてバランス良く配合されています。

大きな違いは、モグワンが穀物を一切使用しないグレインフリー

対して【このこのごはん】は犬も人間と生活する中で、多くなければ穀物を消化できるという観点から、大麦・玄米などの穀物を使用しているところです。

ただし【このこのごはん】もアレルギーの原因になる小麦やトウモロコシは使用してませんし、安価なフードのように主原料のように多く使用していません。

あくまで穀物は必要な量のみとしています。

モグワンなどグレインフリーが体質に合わず下痢した子が【このこのごはん】なら上手く合ったという事例もあります。
つまり玄米や大麦が腸内環境を整えてくれる、グレインフリーに無い良さもあるのです。

このこのごはんとモグワンの成分を比較

ブランドこのこの
ごはん
モグワン
対象年齢全年齢4か月以降
原産国日本イギリス
主原材料鶏ササミ生チキン
肉サーモン
品質ヒューマン
グレード
ヒューマン
グレード
グレイン
不使用
〇 アレルギー
物質除く
グルテン
不使用
保存料・香料
酸化防止剤
着色料
不使用不使用
酸化防止ビタミンEビタミンE
ハーブ
粗タンパク質21.5%28%
粗脂質7.5%12%
粗繊維1.0%3%
灰分5.5%8%
水分10.0%8%
エネルギー342kcal344kcal

このこのごはんの方がたんぱく質・脂質ともに低いので肥満対策に向いていると考えられます。

一見、数値だけ見ると「このこのごはん」はたんぱく質や脂質が少なすぎて栄養不足では?

そのように思えてしまいますよね。

しかし、このこのごはんは栄養価の高い「鶏ササミ・鹿肉・鶏レバー・マグロ肉」など高タンパクなお肉を「青パパイヤ」の酵素がしっかり分解して効率よく吸収してくれるのです。

また【このこのごはん】は脂質が不必要に高まるオイルコーティングをせず、かつお節で風味を出しています。

この影響で脂質が低くなりますが、栄養に過不足は無いのです。

特に【このこのごはん】はオイルコーティングしていないことで、脂質過多を防ぎ「涙やけ」の改善に期待ができるのです。

このこのごはんとモグワンの対象年齢の違い

対象年齢の違いは【このこのごはん】は全年齢を対象としているのに対して、モグワンは4か月以降となっている点です。

そのため、もし愛犬が4か月未満の場合にはモグワンではなく「このこのごはん」を選ぶと良いでしょう。

子犬のころから良質のフードを与えておくと、毛艶の良い子に育つと言われています。

このこのごはんとモグワンの価格の違い

ブランドモグワンこのこの
ごはん
内容量1.8kg2kg
通常購入3,960円7,000円
定期
コース
3,564円5,960円
体重2kg犬
1日給餌量
平均値
56g50g
体重2kg犬
1日餌代
平均値
111円149円
体重2kg犬
1か月
餌代
3,330円4,470円

体重2kgの犬の場合、モグワンは【このこのごはん】よりも月に約1,100円お安くなります。

小型犬ならあまり大きな差にはなりませんが、コスパを最も重視するならモグワンがおすすめです。

ただし、このこのごはんは国内産の安心できる、

  • 鶏ササミ肉(九州産)
  • 鹿肉(北海道産)
  • 鶏レバー(九州産)
  • マグロ肉(静岡産)

このように人間の食材としても「高級な国内産の物」を使用しているので、どうしても価格がアップしてしまいます。

【このこのごはん】とモグワンは、同じ高級な鶏肉を主原料にしていますが、【このこのごはん】は安心の国産鶏肉で、しかも「ササミ・レバー」と部位が特定されている人間用の食材です。

まして、愛犬の悩み

  • 毛艶
  • 涙やけ
  • におい

に直接アプローチする「モリンガ」「青パパイヤ」「お米由来の乳酸菌」といったサプリ単独でも販売されている特殊な原材料を贅沢に使用しています。

そのため、もし「モグワン」に高級な国産の鶏ササミやマグロなどをトッピングしたり、涙やけのために別のサプリを与えていたら【このこのごはん】より高額になることは間違いありません。

このこのごはんを公式サイトで確認してみる

このこのごはんとモグワンの粒サイズの違い

粒サイズに関して、

  • このこのごはんは直径が7~8ミリ、厚み2ミリ
  • モグワンは楕円の長径が約1センチ、厚み5ミリ

「このこのごはん」のコンパクトさは、恐らく国内で入手できるフードで最も小さいサイズとなるでしょう。

そのため、超小型犬のティーカッププードルやヨークシャーテリア・チワワなど体重2キロ未満でも全く問題ありません。

噛む力が弱い子犬やシニアでも大丈夫です。

モグワンも「このこのごはん」よりは若干大きいですが、その他フードと比べると小型です。

しかもモグワンは中心に穴の開いたドーナツ型で噛み砕きやすいため、超小型犬でもOKです。

双方とも全く問題ありませんが多少、「このこのごはん」の方が小型犬に向いているジャストサイズでしょう。

【このこのごはん】とモグワンの涙やけ改善比較

【このこのごはん】は涙やけがスッキリすると口コミでも多く、対するモグワンも涙やけに良いという口コミが多い。

そこでどのくらいの改善事例「口コミ」があるか比較してみましょう。

モグワンの最大の涙やけ改善事例

モグワンにして約1.5カ月でここまで良くなりました。

フードをモグワン+手作りにして約1.5カ月が過ぎました。

1枚目(大きい写真)が改善前

2枚目3枚目(小さい写真)が現在

フードは涙やけに大切ですね。

涙やけの口コミ:引用ツイッター(犬種:マルチーズ)

 

【このこのごはん】の最大の涙やけ改善事例

2年悩まされた涙やけが1か月であっという間に!

涙やけに悩まされて早2年!

鼻涙管の洗浄までしたのに治らず。

あのエサ、このエサ、目薬、サプリにあれもこれも。

どれを試してもダメだったのに。

1か月であっという間に治った。

嬉しすぎて、幸せ。

涙やけの口コミ:引用インスタグラム(犬種:トイプードル)

どちらもドッグフードの切り替えで劇的に涙やけに変化があったようですね。

双方の状況や写真の改善度から見てモグワンより【このこのごはん】の変化の方が大きいようですね。

管理人

このこのごはんの改善前は可哀そうなくらい顔全体が茶色になってしまったトイプードルちゃんが、1カ月で真っ白!

合成写真じゃないかと思うほどの変貌ぶりですよね。

モグワンも確かにアレルギー物質を排除して、危険な添加物のない高品質なドッグフードです。

しかし【このこのごはん】は涙やけに直接アプローチする専用のサプリ成分「モリンガ」が鼻涙管の詰まりを解消します。

また涙やけの原因の1つであるアレルギーですが、このこのごはんには「お米由来の特殊な乳酸菌」が配合されています。

このことでアレルギーの緩和も体内で起きていると考えられます。

また、涙やけの原因の1つとされるたんぱく質不足ですが【このこのごはん】にはたんぱく質を分解する酵素を持つ「青パパイヤ」を配合しています。

このことで、身体の隅々までたんぱく質の成分が行き渡り、涙やけの改善も早ますのでしょう。

モグワンも高品質のドッグフードですが、さすが専用に開発された【このこのごはん】に1本ありですね。

 

 

【このこのごはん】とモグワンをおすすめするワンちゃん

モグワンをおすすめするワンちゃん

  • 小型犬~大型犬まで
  • 大麦・玄米・卵・鹿肉にアレルギーがある
  • コスパを最重視したい

モグワンを公式サイトで確認

【このこのごはん】をおすすめするワンちゃん

  • モグワンなどグレインフリーが合わなかった
  • 超小型犬でなるべく小さい粒の餌が良い
  • 体臭改善を重視したい

このこのごはんを公式サイトで確認

【このこのごはん】とモグワンをおすすめするワンちゃん

  • 食いつきが良く飽きの来ない餌を探している
  • アレルギー対策をしたい
  • 涙やけを改善したい
  • 毛艶を良くしたい

このこのごはんVSモグワン比較のまとめ

このこのごはん

モグワンドッグフード

「このこのごはん」とモグワンの違いやおすすめについてお分かりいただけたと思います。

どちらも食いつきは抜群で、うちのリンはどちらも大好きです。

管理人

もし、特別な希望が無ければ一度、それぞれを試してみるのも良いと思います。どんなフードでも100%のワンちゃんに必ず合う訳ではありませんので、お試しするのが一番です。

リン

どちらも美味しいから、交互に食べても良いよね!
あなたの愛犬もきっと大好きになると思うよ!

このこのごはんが最安値になる公式サイトを覗いてみる


ドッグフード選びは既に購入された方の口コミを確認しておくと安心です。
このこのごはん口コミページ

餌は気に入ったのですが、定期購入していて、毎回届くので嬉しいです。結構重宝しています。このまま継続して貰いたいです。

今までのフードで初回からすんなり食べてくれたのは、ナチュロル以来です。

今までのフードは少しベタベタして油分が多いのか太ってきたので、新しい餌を探してレビューを見てこれに決めました。


何種類も試して嫌いな餌は全く見向きもしないのほど好き嫌いが激しい愛犬が、これほど食いつきのは珍しいです。

チワワの老犬なので、これからの健康維持と体型維持に効果があれば良いなと思って3ヶ月ほど継続して、良かったので定期購入にしておいて良かったです。

定期購入はお値段もお買い得になり便利です。今では袋を見ただけで近くに寄ってきます。


実は昨年から買っていますが、このモグワンは臭いも割るくてあまり食い付きが良くなかったのです。

しかしながら、この餌になってからとってもよ食いつきが良いのです。


食事の時間に近づくと、ソワソワしてきます。食べ残しも一切なく安心していられるので、心に余裕が生まれます。

モグワンのドッグフードだと肝臓の血液検査の数値が悪化してしまいました。

量正確に守れば、ずっと同じ体重を維持するので、凄いと感心して定期コースを止められません。

少し餌の給餌量を増やしたのですが、お腹が悪くなることは1度もありません。わたしの犬に合っていました。


よく嘔吐する犬ですがこのエサは全く吐かないので末永く使わせて頂きます。

のアマゾンでの取り扱いが無いので、どうしようかと思っていましたが公式サイトで買えたので問題なかったです。

おやつしか食べない我が家のチワワ。ドックフードを食べさせようと10種類のドックフード試してにこの餌にたどり着きました。

チワワの好みらしく、非常に大量に食べてくれるので、他の餌は選べません。


最初はエサ間違えたと思ってしまうほど食べましたが、価格も安くないので当たり前だと思います。

このところ頻繁に食べるようになって、成分を調べたのですが問題ないようです。

小型犬には、1キロ入りなので使い勝手が良いです。パッケージ分若干コストアップとなっても今のままでお願いしたいです。

以前はモグワンでしたが、食欲がない時は食べないのでトッピングを混ぜていました。


今回からこのフードにしてよく食べるようになりトッピングを混ぜることなく食べるようになりました。これからも一生続けて行こうと思っています。

定期購入してますが、4匹で食べてるので、直ぐに足りなくなってしまうので、1回の買う袋の数を増やしました。

このフードは食欲がアップして、ウンチの状態も良好になって行ったので気に入っています。


発送手配はよかったです。更に家の犬にピッタリで嘔吐や下痢など一切の症状がでないので、このまま定期コースは変えるつもりはありません。

形状が歪で、小型犬にも食べやすい丸型です。今回はわたしの実家の柴犬で試させて頂きました。

まず、我が家のトイプードルは、子供の頃から人間の食べ物を与え甘やかしすぎてドッグフードを食べません。

でもこの餌は普通にモグモグ食べます。


マルチーズは人間の食べ物が大好きなのでトッピングと混ぜて与えて見ました。案の定、あまり食べません。

フードの交換方法を無視して、本品のみを与えて見たら、今までの餌より食いつきが良すぎてしまうという結果。

一般的なドライフードとは異なり、モリンガという特殊な原材料もが入っている。

気休め程度と思ったが意外と効果が高く涙やけが消えてきている。


通常の成犬用餌と比較すると、モグワンは成分表示のタンパク質量・脂質が低めなので肥満傾向の犬に良いのかもしれない。

適度に噛み応えのありそうな質感で、ポリポリ音を立てて食いつくので、食いつきは極めて良く、ウンチの状態も正常で問題なかった。

腸内細菌の事まで配慮されていて、味も良いので私も食べて見た。


ウチのマルチーズもも、一瞬で完食します。これはもう良い食感のフードなので、手放せません。

高齢犬になってくると足腰が脆弱、散歩に行って直ぐに歩くの中止してしまいます。

筋力を強化する目的でこちらの餌を与える様にしました。

もともとササミが大好きなので、与えた途端にあっという間に食べ終えてしまいました。


年をとってくるとどうしても食が細くなりがちだったために健康を重視した「国産」を選んだのです。

この製品はカツオ節の香りが強くて食欲をそそるのか、カリカリと食べてくれました。

しっかり噛める点でもいいと思います。給餌量が厳格に指定されているので、安心できると思います。

開封して驚いたのが、かつお節の匂いが良くて、愛犬を観察していたら、急いで近寄って袋から食べています。

よく食べる割に小柄なパグにはちょうど良さげな餌ですがこの味を気に入ってしまったので、いつものフードと混ぜて食べさせています。


価格がもう少し安くなれ嬉しいのですが、わたしの食費を削って、このフードを続けます。

トイプードルを飼っています。最初は安い餌に混ぜて与えてみましたが、安い餌を食べなくなったので、捨てました。

かなり気に入ったようで普段のモグワンを食べなくなりました。このエサが欠かせなくなりました。

error:Content is protected !!