このこのごはん,食べない,食いつき

【このこのごはん】を食べない!えっ、食いつき抜群じゃなかったの?

このこのごはん・食べない

このこのごはん】は食いつきが98.5%とほぼ100%近いデータなので食べないワンちゃんはほぼいない。

しかし限りなく少ない「食べない・食いつきが悪い」ワンちゃんも存在するようです。

管理人
管理人

そこで、今回は「その食べない・食いつきが悪い」のはなぜなのか?
対策は?を検証して行きます。

【このこのごはん】を食べない!「食いつき」が悪いのは?

このこのごはんを食べない

犬は慣れない物を警戒する生き物だったのです。

嗅いだことのない匂い・食べたことがない味。

そんなものは、いくら栄養があって美味しくても、見向きもしない!

「食べない・食いつきが悪い」ことが意多い。警戒心が強いのです。

特に、今まで食べていたドッグフードが【このこのごはん】と性質が全く異なる場合には、その傾向が顕著に現れます。

なぜかというと、以下のような違いの差が大きすぎるのです。

安価なドッグフードは穀物が中心(小麦やトウモロコシ)

【このこのごはん】
鶏のササミを中心に、鹿肉、マグロ肉、鶏レバーなど高品質な素材

 

安価なドッグフードは香料・添加剤・調味料で人工的な味付け

【このこのごはん】
無添加で天然素材の風味や味

このように全く別の食べ物になると「食べない・食いつきが悪い」ということになります。

しかも【このこのごはん】は人間が食べられる「ヒューマングレード」という高品質な素材を使用しています。

このこのごはん原材料
この大きな違いで、ワンちゃんが美味しい食べ物であることを認識できずに「食べない」「食いつきが悪い」という状態になってしまうのです。

管理人
管理人

【このこのごはん】で「食べない・食いつきが悪い」という反応が出てしまったら、いかに今まで悪いフードを与えていたのかと、猛反省する必要があります。

【このこのごはん】を「食べない・食いつきが悪い」対策

このこのごはん食べない

もし、このこのごはんを愛犬に与えて「食べない・食いつきが悪い」という反応が出てしまったからといって、元の粗悪なフードに戻してしまったら、フード代ももったいないですし、長期的に見ても身体に良いことはありません。
以下の対策を行えば、問題も直ぐに解消する可能性が高いでしょう。

今までのフードに少しずつ混ぜて与える

一度にすべてのフードを【このこのごはん】へ切り替えずに、今までのフードに少しずつ混ぜて与えましょう。
与える日程は以下の通りです。

経過日 これまでの
ドッグフード
このこの
ごはん
このこのごはん比較
1日目の割合 75% 25%
2日目の割合 75% 25%
3日目の割合 50% 50%
4日目の割合 50% 50%
5日目の割合 25% 75%
6日目の割合 25% 75%
7日目の割合 0% 100%

同じ日は、朝晩とも同じ比率で構いません。

約1週間掛けて、この混ぜて与える方法を取れば、ほとんどのワンちゃんは新しい【このこのごはん】に慣れるはずです。

お湯でふやかすドッグフードもし、初日から2日目ほどの間で、混ぜても【このこのごはん】だけを残すなど問題が出た場合には、【このこのごはん】を細かく砕いて、今までのフードに振り掛けて与えてみてください。

さらに、40℃程度(お風呂の温度)のお湯で10分ぐらいふやかして与えるのも有効です。
【このこのごはん】に含まれるかつお節の良い香りが立ち、更に食いつきを良くします。

【このこのごはん】を「食べない・食いつきが悪い」まとめ

このこのごはん、食いつき

「食べない・食いつきが悪い」時には今回説明した対策を行ってみましょう。

この方法で食べないというワンちゃんはほとんどいません。

リン
リン

一度【このこのごはん】になれると、美味しすぎて、もう元のフードには戻れません。

管理人
管理人

ただし、どんなドッグフードも相性があり、100%のワンちゃんが好きになることはありません。そのため、まずは1袋をお試ししてみることをお勧めします。

このこのごはんを試してみたくなったら、お試し方法の詳細ページを確認しておくと安心です。
error: Content is protected !!